賃貸物件で新生活を始めるにあたって

賃貸物件は、契約を済ませて鍵を受け取ればすぐにでも入居できますが、新生活を始めるにあたっては、いろいろと手続きをしておく必要があります。入居すると勝手に水道や電気が使えるようになっているわけではありません。インターネットも手続きをしなければ使えません。引越し後すぐに快適な生活を始めるには、入居前に準備をしておく必要があります。 同じく賃貸物件から賃貸物件へうつるにしても、実家などから引越しをするにしても、必ずしなければならないのが、新しいお部屋での電気、ガス、水道の契約です。前の住所を引き払う時は、前の住所を管轄する水道局、電力会社等に連絡をして解約をします。新しい住所の管轄にも連絡をして契約をしましょう。 水道は最も簡単で、電話を入れるだけです。電話しなくても蛇口をひねれば水は出るはずですが、名義変更をしておかなければ、後でまとめて水道代を払うことになるだけです。必ず連絡をしましょう。電気も同じく電話を入れて、先方の指示に従えばすぐに使えるはずです。 ガスだけは、開栓の立会いが必要です。引越しの日に立会いができるよう、予約を入れておきましょう。固定電話を持っている人は、移設の手続きをしておきましょう。インターネットは回線業者、プロバイダにそれぞれ連絡を入れます。

Copyright ©All rights reserved.賃貸物件探しはネットが便利.